FC2ブログ

アメリカの椅子

DSC07145_convert_20160328142756.jpg DSC07146_convert_20160328142812.jpg
こんにちは、バーンヤードです。
最近、«SUDOKU・数独»に、はまってます。
片側にいつも持ち歩いて、暇を見つけては一枡でも埋められるように、神経を集中して、
1,2,3,4,5,6,7,8,9、と何度も数えています。
ストレス解消になるかと思いきや、以外や以外、枡に入る数字が分からずにかえってイライラと、胸が苦しくなって落胆。
ところが糸口が掴めると一気に枡は数字で埋められて、楽勝楽勝、満足感と達成感。
勝利の笑顔は夫婦円満にも繋がります(笑)。

DSC07149_convert_20160328142908.jpgDSC07148_convert_20160328142848.jpg
Kenさんが、ハロウィン用のかぼちゃの種を蒔きました。
なんと、ケースに12箱も出来たようで、今年はハロウィンの飾りつけをやってみようかな。
楽しみが一つ増えました。

DSC07147_convert_20160328142830.jpg
ピンクの<オオデマリ>の苗木です。
花が散る季節もそれなりに、愛おしいですが、咲く花には期待と感動があります。
期待と感動の始まりが、ガーデンで始まっています。

DSC07151_convert_20160328142945.jpg
アメリカ買付けの三脚の椅子達です。
並べると、一脚づつ座ってみたくなり、お尻のでっかい人はこの椅子。
小さい人はこの椅子ね、って座り心地を試して見ました。
どうぞ、皆様も、試してね(笑)。








スポンサーサイト

アメリカのアイロン台

DSC07143_convert_20160324132528.jpg
青空に満開の白いお花は、プラムのお花。
赤い美味しい実をつけてくれます。
いつも鳥にお裾分け、っていうか美味しく熟した赤い実は先取りでついばまれてしまいますが、
まぁ、許しましょう、囁き声に癒されていますからね。

DSC07139_convert_20160324132419.jpg   DSC07138_convert_20160324132401.jpg
八角形のローテーブルはアメリカ買付けの商品です。
渦巻きキャンディーのような脚が魅力です。 ダークブラウンがアンティークらしい味を出しています。 ¥17、000

DSC07142_convert_20160324132509.jpg
久々のアメリカのアイロン台です。  ¥9、500
今となっては、過去の一品。 木製作りのアイロン台は貴重です。
アメリカは、広大な土地に広大な森林。 豊富な樹木を利用して、木製の電信柱が永遠と続く道路や山並みがあります。
そしてガードレールを支える木製の立ち木など、日本では考えられないような贅沢な木製品。  
其の贅沢な木製品作りは時代が変わってもいつまでも続いて欲しいものです。

DSC07144_convert_20160324132544.jpg
ガーデンハウスにも遊びにいらしてくださいね


土佐ミズキが入荷です。

DSC07131_convert_20160318123000.jpg DSC07132_convert_20160318123017.jpg
こんにちは、バーンヤードです。
土佐ミズキの、比較的、どちらかと言いますと、大きな木が入荷しました。
高知県に多く自生しているから、こう呼ばれるようです。
マンサク科ですが、葉の形がミズキ科の樹木に似ているから、土佐マンサクならず土佐ミズキです。
江戸時代から庭木や盆栽、切花として親しまれてきたようで、その時代、庶民はどんな風に楽しんだのでしょうか。
興味が湧くところです。

DSC07136_convert_20160318123138.jpg   DSC07135_convert_20160318123115.jpg
モクレン科も負けないで蕾を開花させていますよ。

DSC07134_convert_20160318123057.jpg  DSC07133_convert_20160318123038.jpg
サクランボと吉野ツツジは、ほぼ満開になりました。
なんだか、忙しいガーデンです。
春っていいなぁ・・・。






ガーデンハウス

DSC07129_convert_20160317160329.jpg DSC07130_convert_20160317160346.jpg
こんにちは、バーンヤードです。
暖かい日差しを受けてお花達も嬉しそう。
もちろんろん、私も嬉しくって犬のように庭駆け巡るです。

DSC07124_convert_20160317160153.jpg   DSC07125_convert_20160317160212.jpg   DSC07123_convert_20160317160136.jpg
ガーデンハウスがなんとか出来ました。外回りのペンキ塗りはまだですが・・。
ガーデンで使う物を販売する小屋(?)だから、ガーデンハウスとしましたが・・。

DSC07126_convert_20160317160230.jpg  DSC07127_convert_20160317160249.jpg
只今整理中です。

DSC07128_convert_20160317160308.jpg
で、色々な所(バーンヤード1と2)を整理してたら、なかなか終わりが見えず、どこも中途半端になって
まとまりがつかなくなって、時間切れというよりは、疲れて本日の作業は終わりにしました。
<若さ>か<体力>が欲しい(笑)。



猫ちゃん型ポットフット

DSC07111_convert_20160311133620.jpg
カイドウザクラの可愛いお花です。
毎年、時期を忘れずに花を咲かせて和ませてくれる可愛いお花です。
<春、四月>をイメージするお花です。

DSC07110_convert_20160311133602.jpg
地味な色のお花は、お庭とことこ、ニワトコのお花です。
ほらっ、歌にありましたよね。
      小さい花や大きな花  一つとして同じものはないから
        NO1にならなくてもいい  もともと特別なONLY ONE

DSC07109_convert_20160311133542.jpg
まるでコブラが頭をもたげてる様な、なんとも不思議なムサシアブミです。
葉っぱが伸びると中央の花を包む仏炎苞が、鐙(アブミ)の形そっくりで、武蔵の国で作られ鐙だからその名前がついたとか。
ユニークなお花です。

DSC07114_convert_20160311133715.jpg DSC07113_convert_20160311133656.jpg
ポットにお花を植えたら、ポットフットにポットを乗せてくださいね。
水捌けが良い上に、お花がお洒落をしたようで、嬉しくなります。
猫ちゃんポットフットでお洒落を楽しんで下さい。




アメリカデイツ社とコールマンのランタン

DSC07108_convert_20160307132111.jpg
暖かいというより暑さを感じる本日のガーデンです。
先がけて花開くのは黄色花が多いような、サンシュユも見事に開花です。
お花の後は、赤い実をつけて楽しませてくれます。

DSC07102_convert_20160307132006.jpg
古いランタンは1920年代のものです。
アメリカのDIETZ社 No2Dライトです。
鯨油から石油の採掘により灯油ランプが登場して、平芯を使う灯油ランタンは、
暴風雨の中でも使えるハリケーンランタンとして反映されました。
現在、本社は香港、工場は中国ですから、1920年代のNY USAとロゴの入ったこのランタンは貴重品です。
各 ¥9800

DSC07106_convert_20160307132028.jpg
続いては、アウトドア派に知らない人はいないだろうコールマンのランタンです。
レッドは、1964年製 ¥12、000
中央は、1965年製 その隣は1978年製で共に ¥9、600です。
電気とはちがって、燃える炎の魅力をのんびり過ぎてゆく時間の中で、体感するのもいいものではないでしょうか。

「は~い、バーンヤードです」

DSC07099_convert_20160303145115.jpg
こんにちは、バーンヤードです。
ミモザアカシアの黄色い花がいつになく鮮やかに思えます。
今日の暖かさのマジックでしょうか。
青い空と相性が合ってますね。

DSC07100_convert_20160303145133.jpg
Kenさんは、ガーデンハウス造りを黙々と頑張っています。
完成後のデスプレイは私が担当です。
干し草を入れる納屋風が希望ですが、干し草が無い現実、
馬も牛もロバも、やぎだっていない現実、どんなデスプレイにしましょうか。
考えると楽しみ一杯になります。

DSC07097_convert_20160303145032.jpg   DSC07098_convert_20160303145053.jpg
お人形とキッチン秤は、好きなので買い付けの際にはいつも手にとって、何点かを送ります。

DSC07095_convert_20160303144937_20160303145458f6c.jpg   DSC07094_convert_20160303144919.jpg
陶器もガラス製品も装飾品として、お部屋にデスプレイする楽しみがあります。
これにお花を加えると、春がドアをノックする音が聞こえます。
「とんとん」  「は~い、バーンヤードです」

プロフィール

神高農園&バーンヤード

Author:神高農園&バーンヤード



香川県高松市鬼無町山口96-1


OPEN: 10:00AM~5:ooPM
CLOSED:火曜日・水曜日
電話: 090-5271-6395
FAX: 087-882-5663
E-MAIL:kandaka.r@gmail.com

アメリカで買い付けたアンティーク・ヴィンテージ家具雑貨類。ガーデニング雑貨・庭木苗木を販売中。
ガーデンの散策と共にバーンヤードでお買い物をお楽しみください。神高農園&バーンヤードは香川県高松市にあります。


カレンダー
02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる