FC2ブログ

小さな小さな森デッキ

火曜日と水曜日はバーンヤードの定休日です。
そこで、ドライブに出掛けました。
とある信号を越えて  ふぅ~ん、ふぅんん、今の何???。
百メートル程走って、引き返しました。
そして、図々しくも、その<おうち>のなかへ。

ここは、カフェでしょうか。

いえいえ、普通の家ですよ。
主人の手作りです。

<おうち>のお庭に大きなケヤキの木が二本。
その周りには、手作りのテーブルと椅子。
ブランコや鳥の巣箱、一年中咲いているひまわり(木製だから)。
ケヤキの枝に隠れたツリーハウス。
そして、風にクルクル回っているのは大きな風車。
ぜぇ~んぶご主人の手作りだそう。

とても感激して、バーンヤードはちょっと考えました。
こんなに涼しくなって過ごしやすく成ったのですから
そろそろ、我が農園の中にちいさなちいさなもりでっき(小さな小さな森デッキ)を実行してもらおう。
DSC01163_convert_20100929140954.jpg  DSC01164_convert_20100929141030.jpg
この奥におしゃべりデッキが欲しいのです。
そうしたら、お客様がおしゃべりを楽しめるでしょう。
DSC01165_convert_20100929141110.jpg
と、その<おうち>に出合った帰り道、バーンヤードは一人でブツブツ。
興奮が冷めない間にKenさんにお願いしなければ

たぶん、きっと、小さな小さな森デッキ、
Kenさん作ってくれるよね。




スポンサーサイト

呑み助バーンヤード

午後から雨になりました。
バーンヤードでおしゃべりの後
ドラゴンフルーツがなっている
グリーンハウスへお客様をご案内しました。
その花(夜に開きます)の大きさに驚かれ、
その実がなっている様子には、もっと驚かれたようです。
フルーツの鮮やかな色を可愛いともおっしゃって
どなたもお写真を撮って帰えられました。
おみやげに差し上げましたら、とても喜んでいただいて
バーンヤードもハッピーです。

さて、ドラゴンフルーツとは関係ないのですが
私も写真を撮りました。

DSC01157_convert_20100926153520.jpg
ビール会社のシンプルな栓抜きです。
DSC01161_convert_20100927152127.jpg
そしてこの栓抜きで飲みたいのがウィスコンシンアンバーです。
アメリカでは人気のあるビールです。

DSC01160_convert_20100927152027.jpg
こちらはビール好きな方なら知っているバドワイザー。
キャップがスクリューキャップになっていて
手で一ひねり。
すぐに飲めちゃいます。
その上、瓶ではなくペットボトル。
ボトルのままグイグイ飲むのがアメリカスタイル。
それでも上品(????)な日本人ですから、
アメリカスタイルには馴染めません。
ところが、
一度やると痛快、爽快、めちゃ美味
グラスを汚さないアメリカ人の合理性にハマった感じですが、
ビールが美味しいならチャレンジです。

今日は呑み助バーンヤードです。









ちいさいおうち

バーンヤードは小さな小さな農園の小さな雑貨屋です。
そしてこちらは、バージニア・リー・バートン著の<ちいさいおうち>です。
DSC01158_convert_20100926153616.jpg
岩波書店の<子どもの本シリーズ>の一冊です。
彼女が長女のために書き1946年に出版されました。

  それまで田舎だった<ちいさいおうち>の周りにビルが建ち始め
  電車が通り、お店も出来、人々がたくさんやって来るようになりました。
  畑の採り入れも林檎摘みもなくなって前のような田舎に住みたいな。
  と思ってたらレッカー車に乗せられて前のように太陽も月も星も
  見える、四季が巡ってくる田舎に運んでくれた。

そんなお話です。
大好きなお話なので何度も読みました。
絵本もボロボロ。でも大切な宝物です。
そしてアメリカで出合ったのが<ちいさいおうち>のような
Tea coggです。
絵本のお話をすると、知っている、と。
子供に読み聞かせをした、と。

私もです。

Tea coggに出合ったのはラッキーでした。
そして<ちいさいおうち>のお話が出来たことはもっとラッキーでした。
ちょっと秘密のあるTea coggですが、こちらは販売しています。
絵本はバーンヤードで手にとってお読みくださいね。






ベェアブラザーズの前を

こんにちは

 今日は涼しい風に包まれてエアコン無しの一日でした。
 北側の窓から南側のドアへ風が流れて
 とても気持ちがよいものですから
 バーンヤードは一日中張り切っておりました。
 DSC01156_convert_20100925165828.jpg
 バーンヤード?から?へ、さらには小さな小さな農園内を
 行ったり来たり。
 夕方には足首に、にぶい痛みを感じて
 日ごろの運動不足を反省です。
 
 DSC01155_convert_20100925165748.jpg
ちょっと偉そうな風情で座っているベェアブラザーズの前も何度歩いたことか。
でも、そろそろお別れ時間です。
バーンヤードは日暮れが閉店時間になっています。
明日、またお会いするのを楽しみにしております。

かぼちゃ君

127_2754_convert_20100920141637.jpg DSC00244_convert_20100922160015.jpg
かぼちゃと言えばパンプキンパイ、パンプキンプディングにケーキだったりスープ。
栗のような味覚に可愛い色合い。
飾るのも食べるのも大好きです。
125_2590_convert_20100920142911.jpg 126_2651_convert_20100920142245.jpg 125_2589_convert_20100920141943.jpg 125_2588_convert_20100920141821.jpg
日本ではかぼちゃを飾る風習はありませんが
アメリカでは万聖節の前晩(10月31日)、
ジャック・オ・ランタン(おばけかぼちゃ)を飾って悪い霊を恐がらせるとか。
面白そうな祭日ですよね。
その頃、車で田舎道を走ると、家々の庭先や軒下は蜘蛛の糸が張り巡らせてあったり、
白いお化けが木にぶら下っていたり、悪魔や魔女が風に揺れていたり、通り過ぎる者を
楽しませてくれます。
そこでバーンヤードも真似をして飾ってみました。
DSC01154_convert_20100924132126.jpg
美味しそうに見えますが、かぼちゃは作り物。
<かぼちゃ君>はアメリカからやって来た本物です。
満足そうな<かぼちゃ君>、ふるさとのアメリカを懐かしんでいるのでしょうか。








ぶんぶんと・・・・・

前回に続いて呪文のようなタイトルですが、
ぶんぶんと蜂が飛ぶ(蜂に刺されるとたいへん、農園には沢山飛んでいますが)
ぶんぶんと蚊が飛ぶ(こんな歌はありませんが)
半そで姿でKenさんの草抜きを手伝ったら、ぶんぶんと蚊が飛んできて
左腕はなんと(数えると)16箇所、刺されていました。
薬を塗りながら全部数えたら、なんと28箇所も。
農園を散策する時にはご注意をしてくださいね。

ちょっと気分を変えまして素敵な写真を。
アンティークのお店です。
  127_2729_convert_20100920141519.jpg

そしてビックリビルディングです。
126_2688_convert_20100920141725.jpg
オハイオ州US16号線沿いのロンガバーガバスケットの本社ビルです。

バーンヤードは車でアメリカ各地のアンティークモールを廻って
買い付けに出かけています。
お客様の<好き>とバーンヤードの<好き>が
沢山出合えますようにといつも思いながら・・・・。
これからも宜しくお願いいたします。




なにをというわけでもなく・・・・

こんにちは。

なんだか呪文のようなタイトルになってしまいましたが。
朝からバーンヤードの模様替え。
開店時間までにやり終えてしまうつもりが・・・。
一つ移動すれば、又一つとなって、その数がどんどん増えていき
そして開店時間がどんどんと近づいて終わらないまま10時が・・・・。

終わらないついでに、<なにをというわけでもなく>
デジカメを持ってウロウロ。

DSC01148_convert_20100918143953.jpg  DSC01151_convert_20100918143501.jpg
DSC01150_convert_20100918143423.jpg  DSC01149_convert_20100918143341.jpg
気づけばバードハウスばかり。
ぶつぶつと独り言を言いながら <なにをというわけでもなく>
次に撮ったものはサボンラックとサンタクロース。
DSC01152_convert_20100918143539.jpg  DSC01147_convert_20100918143219.jpg
早いお出ましのサンタクロースです。
そして最後に撮ったのは、<なにをというわけでもなく>やっぱりこれでした。
DSC01146_convert_20100918143134.jpg
呪文好きのバーンヤードです。



讃岐弁

涼しくなりました。
いよいよ、秋。
食欲、読書、睡眠、ガーデニング、旅。
な~んでも気軽に出来そうで、気持ちは少しハイに。
まず何から始めましょうか。
取り合えずレジカウンターからバーンヤードの写真を撮ってみました。
DSC01117_convert_20100904134140.jpg
な~んかごちゃごちゃ(ごちゃごちゃって方言?)。
ついでにこちらも。
DSC01122_convert_20100904134552.jpg
ごちゃごちゃでしょうか?
バーンヤードの入り口あたりもパチリ。
DSC01120_convert_20100904134424.jpg

で、涼しく過ごしやすくなったのですから、
まずバーンヤードの模様替えからはじめましょうかね。
まぁ、ぼちぼちにやりまいよ(ゆっくりやりなさいよ)。
きょうは、すこし讃岐弁訛りのバーンヤードです。

フライキャッチャー

こんにちは。
今日は曇り空の涼しい高松です。
それでお外に出て写真を撮りました。
とは言っても、バーンヤードのデッキです。
DSC01141_convert_20100913135029.jpg
アジサイのお花は鉢植えのままドライフラワーに。
少し色が茶色がかっていますが、それなりの味を出しています。
気にいっています。
そしてもっと気に入っているのが<フライキャッチー>です。
DSC01142_convert_20100913135108.jpg
サクラメントの郊外、予定にはなかったアンティークモール。
40フィートのコンテナを繋ぎ合わせた長?いモールでした。
そして入り口には貨車の模様が。
楽しそうなお店を見逃すわけにはいきません。
ガラスの模様が乙女(?)心にキュンときちゃいました。
DSC01144_convert_20100913141147_convert_20100913141317.jpg
枝や窓辺に吊るして、虫を捕まえます。
瓶の底に穴が開いていますので、甘い水を溜めておくと、
そこへブンブンと・・・・と言うわけですが、
この説明でご理解頂けましたか?
<百聞は一見にしかず>です。
説明不足はバーンヤードで手に取ってお確かめくださいね。
お待ちしています。


黒猫のアップリケ

手芸は得意ですか?
私?
小学生の時、フエルト布で黒猫模様の鍋つかみ(ポットホルダー)を作りました。
とても上手く出来上がり、先生にも褒めていただいて、
それからは、ハンカチ、枕カバー、エプロン等に黒猫のアップリケを
一散に縫い付けたものです。

母は裁縫が得意で、子供の時の洋服はほとんどが母の手作りでした。
とりわけ大好きだったのは、胸元をシャーリングした赤色の水玉模様
の水着でした。

手芸は得意ですか?
私?
それが黒猫のアップリケ以来、正確にはアップリケ以外裁縫は苦手。
だから裁縫の得意な方には憧れを持っています。
だからこのような作品にも憧れを持っています。
DSC01139_convert_20100912155726.jpg  DSC01140_convert_20100912155808.jpg
どちらもクロスステッチで仕上げたアメリカのカントリー風景です。
一針一針の手作業はまるで写真のように緻密です。

DSC01137_convert_20100912160311.jpg  DSC01138_convert_20100912155617.jpg
こちらは、刺繍仕上げの小さい作品です
どちらもアメリカ的でしょうか。
大きな作品と小さな作品。
きっとお部屋の中で夢を広げさせてくれますよ。
最近、夢見心地のバーンヤードです。


プロフィール

神高農園&バーンヤード

Author:神高農園&バーンヤード



香川県高松市鬼無町山口96-1


OPEN: 10:00AM~5:ooPM
CLOSED:火曜日・水曜日
電話: 090-5271-6395
FAX: 087-882-5663
E-MAIL:kandaka.r@gmail.com

アメリカで買い付けたアンティーク・ヴィンテージ家具雑貨類。ガーデニング雑貨・庭木苗木を販売中。
ガーデンの散策と共にバーンヤードでお買い物をお楽しみください。神高農園&バーンヤードは香川県高松市にあります。


カレンダー
08 | 2010/09 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる