FC2ブログ

何の道具でしょうか?

DSC01105_convert_20100826133949.jpg DSC01103_convert_20100826133847.jpg
これって同じ働きを持つ道具です。
何の道具かお分かりですか?

では、フタを開けてみます。
DSC01104_convert_20100826133918.jpg
この中に物を入れます。
物といっても、テーブルの上に残ったパン屑や
ゴミを掃き集めるのです。
分かると納得のこれらはテーブルクリーナーでした。
それぞれに趣きがあるでしょう。・・・・でしょう?
日本だとお布巾で拭いちゃいますね。

キッチンの飾りとしてもお使いいただけます。
ゴミだと言ってキャンデーを隠すことも出来ます。
楽しい道具です。


スポンサーサイト

A Doll

Girls like playing with dolls.
女の子はお人形で遊ぶのが好きですよね。
私も・・大好きでした。
お洋服を着せ替えて、一人でおしゃべり。

  今日は暑いのでプールにいきましよ。
  お洋服は赤いワンピースにしましょうか。
  サンダルは何色・・・。
  ふーん、水着はどれにしましょう。

など。夢の世界で遊ぶのが好きでした。
そして今も<人形が好き>に変わりはありません。
そこで、今回見つけたのが胸がキュンとなっちゃうほど
完璧で可愛いカウボーイスタイルの女の子です。
DSC01100_convert_20100826133815.jpg
店主は50年代か60年代の物だと言いました。
バーンヤードの幌馬車の前に置いてみました。
素敵でしょう。
お洋服の素材は皮ですよ。お帽子はフェルト布。
目? 資生堂のCMにだって使えるほどパチクリです。
もちろん閉じたり、動きます。

 さぁ、ジョン(幌馬車を引っ張る馬の名前)ロッキー山脈を越えますよ。
 
など、一人でおしゃべりが出来ない年になりましたが
夢見る心はいつまでも待っていたいです。
夢見る女性に出会えます様に・・・・・。

石炭シャベル

先日の<熱い>続きでお話を。

DSC01096_convert_20100822142046.jpg
石炭シャベルです。
実際使用できますので、冬まで
ガーデニングアイテムとして使うのはどうでしょうか。
ペィンティングがお得意なら、お花の名前を描いたり
ウェルカム(Welcome)と書いて花壇に立てても楽しいですよね。
それからこちらの丸いものは
DSC01095_convert_20100822142012.jpg
大工道具かと思ったらストーブの炎を調節する道具だそうです。
お庭やお部屋の飾り物としてお使いくださいね。

<熱い>物の最後にご紹介するのは
DSC01098_convert_20100822142146.jpg
可愛いストーブです。
ソルト&ペッパーの容器です。
熱くはないですが、胸がキュンと燃えるほど可愛いです。

アメリカには驚くほど沢山の種類のソルト&ペッパーの容器があります。
テーブルに幾つか置いておけばお隣の方に

  すみません、お塩を取ってください。

と言わなくてすみますものね。

暑い日に<熱い日に使う商品>のご紹介でした。

ドラゴンフルーツ

いつまで続くのでしょうね、この暑さ。

暑さのせいなのか(?)グリーンハウスでは
次々とドラゴンフルーツが色づいています。
DSC01090_convert_20100820142823.jpgDSC01089_convert_20100820142753.jpg
農園で育っているのは、果肉が白色です。
味は淡白ですが、皮むきも簡単で暑い夏にはピッタリのフルーツです。

次にグリーンハウスを離れましてバーンヤードへ。
<あつい>違いの商品をご紹介しますね。
こちらは陽ではなく火の熱いです。

ストーブを焚いて下さいね。(暑い
そして登場するのがこちらです。
DSC01082_convert_20100818155535.jpg
片手鍋に見えますが、ヴィンテェージなポップコーン鍋のポオッパーです。
赤いツマミをクルクル回して時間をかけながら美味しいポップコーンを作ります。
ストーブを囲んでご家族でスローな時間をお楽しみください。
ちょっと、冬を先取りしちゃいましたかね。
暑いのに。



ウォールデコ

さて、今日はウォールデコのご紹介です。
ちょっと私的には気に入っています。
DSC01084_convert_20100819135116.jpg
ツインフォールズ(アイダホ州)のアンティーク店。
店主は老人でした。ドアを開けると突き刺さるような目線が少し怖かったです。
老人世代は日本との戦争体験があるので、
私達、日本人をどんなふうに思っているのか、その態度が気になります。
いつものようにハーイと私。
彼はハロウと。
見てないようで見られてる目線を背後で感じながら、
私はせっせと宝探し。
そして飾り棚の一番奥で見つけたんですよ、このウォールデコ。
カウンターに持っていくと、店主の目がニヤリと笑ったような。
この後、目と目の会話です。

店主: これ、ええやろう(なぜか関西弁)、よお見つけたな。
私 : 一番奥にあったわ。いっぺんで気にいったわ。
店主: 女の人が好きそうなやっちゃ。
私 : おっちゃん、よお、わかっとるな。

と、目の会話がすんだ後、

綺麗なウォールデコですね、と私。
箱に入れようか?
いえいえ、包んで頂いて、プラスチックバックでけっこうですよ。

店主は震える手で、梱包をすますと、有難うと、笑顔を忘れなかった。
同じように有難うと言葉を返して、私は満足でした。

勘違いかもしれないが、目と目の会話があって。
そして怖いと思ったのが優しい笑顔に変わって。
楽しい一時でした。

バーンヤードにはお馴染みのアンとアンディ
DSC01085_convert_20100819135148.jpg
可愛い女の子のウォールデコ
DSC01087_convert_20100819135243.jpg  DSC01086_convert_20100819135215.jpg
お店にいらしたら、これらのウォールデコを見つけて
ニヤリとしてくださいね。
お待ちしています。






何の動物?

残暑が厳しい中、お元気ですか?
毎日、玉の様な汗を流しながら農園の水遣り、頑張っていますよ。
みなさんは如何お過ごしですか?

農園にはこれから取り組みたい計画が幾つかあって、(実現不可能なものも含めて)
その一つに動物を飼うこと。
白ヤギさん、黒ヤギさん  (チーズが作れるかも)
羊くん          (セーターが編めるかも)
ウサギちゃん       (と言えばピーターラビット。童話が書けるかも)
七面鳥          (クリスマスに食べれ・・ません)
など。
条件は私より小さい事。飼い主の愛を期待しない事。そして世話を掛けない事。
そんな動物いる?
誰が世話をしてあげるの?
で、話はいつも前向きに進みません。
DSC01080_convert_20100818155433.jpg
これはカウーボーイの州ワイオミングで見つけた馬の蹄鉄です。
ドア飾りにどうでしょうか。
お庭にさり気無く置いてみるのもアイディアですよね。

まだ、牧場の土が付いたものも・・・(洗ったほうがいい?)
そういえば、馬を飼おうとは一度も・・・。
私より大きいから無理です。
蹄鉄を洗うほうがうーんと楽ですね。




お知らせ

DSC01058_convert_20100731130247.jpg
今回買い付けた様々なスプーンです。

 神高農園バーンヤードは
 8月10日?8月15日迄、お盆休みを頂きます。
  16日から通常営業いたします。
 ご迷惑をお掛けしますが、宜しくお願いいたします。
 暑い日々、お体を大切にお過ごし下さい。
 

                   

 

サンフランシスコへ

DSC01001_convert_20100805131510.jpg
ハイウェー脇の山間の小さな村。
時折走る車の音で目が覚めて、時計を見ると午前5時でした。

そろそろ出かけようか、とKenさん。

Carsoncityまでは170マイル。
そこからサンフランシスコまで約230マイル。
ちょっとハードです。
身支度を整えて午前6時に出発。
この山間の小さな村にもう一度来ることはないでしょう。
気持ちよく過ごした夕べのレストラン。
いつまでも忘れないでしょう。
<又ね>と言うより<さようなら>と呟いて村を後にしました。

3時間余り走ると、小高い丘の上からCarsoncityの町が見えてきました。
道路脇にアンティークのお店を見つけ、時間がないのにワクワク虫が
頭をもたげて、覘いて見ることに。
でも、残念。OPENは15分後の10時でした。

朝食を食べずに宿を出たので、休憩を兼ねて郊外のバーガーキングへ。
私はバーガーキングのワッパーが好きで、パンの柔らかさ、味付け、
ピクルス、オニオン、トマト、チーズがいい具合にマッチして注文はいつも
こればかり。Kenさんはその都度注文を変えて今日は少し小さいサイズのお魚バーガーを。
飲み物は、お変わりが自由なので、お店を出る時にもう一杯頂きます。

タホ湖が近づくと車の数が増えて、スピードも緩やかに。
今回はタホ湖の南側を通って50号線からサクラメントへと向かいます。
そしてベイブリッジを渡りサンフランシスコへと帰ります。
タホ湖の周辺は、リゾート地とあって人が一杯。
人とホテルとお店を車の中から眺めて、再び山道へ。
DSC00761_convert_20100806122527.jpg  DSC00829_convert_20100806123325.jpg  DSC01030_convert_20100806122223.jpg  DSC01033_convert_20100806122131.jpg
サクラメントに近づくと車の量が多くなり、Kenさんの緊張はつづきます。
ナビゲーターの私も其れなりに緊張し、サンフランシスコに着いたら入る通りの名前を地図で確認します。
DSC00743_convert_20100805124622.jpg  DSC00742_convert_20100806122415.jpg
サンフランシスコを出た時、ベイブリッジは無料でした。
でも、入る時には4ドルを支払います。

さぁ、サンフランシスコです。
どこへ行く?
とは言っても、まずは調べておいたお店でしょう。

少し迷って、昔はソーホー、倉庫街で治安が良くない所を通って
探し当てましたよ、アンティークモール。
探し当てたのはKenさん。ナビゲーターの私、申し訳ないです。

閉店時間まで使って最後の買い物。
店の奥から電気は消されていき、私達は箱を抱えて急いで外へ。
すぐ側をI-101号線のハイウエーが通っていて、サウス(南)に乗って
空港近くの宿へと向かいます。
DSC01041_convert_20100802145341.jpg  DSC01040_convert_20100802145252.jpg
サンフランシスコに着いたらジャパンタウンのタンポポ(日本料理店)へ行って美味しい
焼き魚にお味噌汁、お新香を食べようね。などと話してたのに。
全く時間がありません。荷物の整理も残っているし・・・。
こんな時、役に立つのがナビゲーター。
ハイウェーを出たところで、見つけておきましたよ、日本料理店の王将。
<タンポポ>が好きなのは庶民的だからです。秋刀魚の塩焼きがあったり
出し巻き卵に和え物。日本の飯屋さんのようで好きなのです。

<王将>はアメリカの他の日本料理店と違わずお鮨が中心でした。
Kenさんは<おまかせにぎりセット>を。
私は<海鮮丼>を。
そして熱いグリーンティで(車を運転するので)旅の疲れを癒しました。
Kenさんには、ほんとうに感謝です。
長い道のりを一人で運転引き受けてくれて。
ありがとうと、伝えます

又、辛抱強く買い付け日記を読んでくださった方
有難うございます。ご意見などがありましたら是非
お聞かせください。



  






ネバダ州

午前9時にOPENするお店があったので、今朝は早めに宿を出発です。
DSC00784_convert_20100805125400.jpg
昨夜の夏祭りの余韻が残る通りへ。
DSC00763_convert_20100805124756.jpg  DSC00992_convert_20100805131352.jpg
DSC01051_convert_20100731125848.jpg  DSC01057_convert_20100731130219.jpg  
買い付けはこのTwinFallsのお店でほぼ最後となります。
後は、サンフランシスコを残すのみです。

今からネバダ州をL字型に縦横断。
州都のCarsoncityまで、行ける所まで行こう。
強気で私達は出発です。

州道93号S(サウス)をひた走り。
Elyの町から西へ州道50号W(ウエスト)へ入ります。
DSC00783_convert_20100805125248.jpg  DSC00781_convert_20100805125134.jpg
退屈な道がどこまでも・・・・・。
DSC00792_convert_20100805130130.jpg  DSC00973_convert_20100801162824.jpg  DSC00811_convert_20100805125758.jpg  DSC00788_convert_20100805125957.jpg
Eurekaに着いたのが午後6時半。
山間の町(村)にしてはしっかりした宿があり、
Kenさんの友、バイカーの姿も見かけます。
DSC00952_convert_20100801161955.jpg
でも、Kenさんは車を止めずに進むのです。

えっ、通過するの?
私は急いで地図を見た。
60マイル先に町(村)があるが、地図に名前があっても
人が住んでいるかどうかは分からない。
ましてや宿も・・・・。
一時間余り走ってその町(村)Austinに。
DSC00999_convert_20100802144306.jpg  DSC01006_convert_20100802144452.jpg  DSC00998_convert_20100802144350.jpg  DSC01004_convert_20100805131734.jpg  DSC01018_convert_20100723163655.jpg  DSC01002_convert_20100805131909.jpg
小さな小さな村でした。道の脇にはガソリンスタンド、お土産屋、Bar、レストラン、宿。
旅人に必要なものは、揃っていました。
まず宿を決めました。
DSC01016_convert_20100802144907.jpg
それからレストランへ。
山間の村なので、いささかの期待もなく。
DSC01013_convert_20100805134759.jpg  DSC01012_convert_20100805134854.jpg
ところが今回の旅の中で、一番印象に残ったレストランでした。
Kenさんは10オンスステーキを注文。
私はエビフライのバスケットを。

ウェイターはドレッシングは何?
添え物のポテトの調理法は?
飲み物は?
対応がとてもスムーズです。

そして、
まず運ばれてきたのが
DSC01007_convert_20100802144543.jpg
ナプキンじゃありませんよ。

DSC01008_convert_20100802144631.jpg
広げてみると中には温められたパンが2枚。

とてもオシャレで、思わず素敵と手を叩きました。
DSC01010_convert_20100802144814.jpg
手抜きのない料理に思わず拍手です。
村のレストランと侮った事を恥ずかしく思いました。
私はこの村のレストランをいつまでも忘れないでしょう。
そして多めにチップを渡し、今の気持ちを伝えました。










  

アイダホ州アイダホフォールズへ

20号線は途中からIー15号線へと変わり車は順調に進みます。
DSC00996_convert_20100802144126.jpg  DSC00995_convert_20100802144033.jpg  DSC01029_convert_20100802145107.jpg  DSC00966_convert_20100801162506.jpg
午後5時過ぎにアイダホフォールズに到着。
宿はすぐに決まって、夕食に食べる物を探してマーケットへ出掛けます。
いつもの様に、ビール、フルーツに野菜。カップ麺にお惣菜のコールスローサラダも。
こんな旅のスタイルが板についたのか、疲れは十分な睡眠で補えます。

次の日。
朝食は嬉しい事にワッフルがありました。
泊り客の若いカップルが焼き方を聞いてくる。
Kenさんは説明し、若いカップルは簡単ね、と。

アメリカ人なのに知らないのか、とKenさん。

午前9時を待って宿を立ちダウンタウンへ出発です。
10時OPENのサインを見て店内へ。
DSC00990_convert_20100802143942.jpg  DSC00965_convert_20100801162417.jpg  DSC00962_convert_20100801162326.jpg  DSC00963_convert_20100801162238.jpg
店内に居ると時間を忘れ、促されて車へもどりました。

TwinFallsを抜けてShoshoneまで行きたいんだ。

途中、ハイウェー脇に<Antiqus>の看板を見つけ
少し引き返しワクワクしながら店内へ。
センスの良い洒落たお店で、手作りのカントリー雑貨なども置いてある。

恰幅のいいオシャレな女性オーナーは
私が次々と選んだ物をカウンターに並べるから
驚き顔でKenさんを見てウィンクをする。
Kenさんも、困ったものだ、妻を早く外に連れ出さないと、等と話してる。
DSC01052_convert_20100731125916.jpg  DSC01059_convert_20100731130322.jpg

Shoshoneのお店の閉店時間は午後5時なのに
寄り道時間が長かった上、道路工事の片側通行で
長く待たされ、私は焦り、無口に。

着いたのが閉店15分前でした。
時間は気にしないでいいよ。と言われ、気持ちが落ち着き
ゆっくり店内を見て廻ることに。
カウンターの側に置いてあるジョウロウを手にとると、
  それは私が花の水遣りに使ってるから、とまたオーナー。

  残念。

閉店時間に合わせて、一人帰り、又一人。
最後の客になって、カウンターへ行くと、

そのノートに名前と住所を書くといいよ。
DMを送るから。

日本から来たんだけど・・・

豪快にウワハァハァと笑って、

どこにでも送るさ。

Kenさんは、名前と日本とだけ書いたようだ。

この町で宿を探そうか。

でも、道路工事のせいか埃っぽく、
荒れた感じが小さな小さな田舎町のイメージに合わなくって

TwinFallsまで戻りましょうよ、と無理を言った。

又、道路工事で待たされ
ガムを噛み、歌ってたら40分でTwinFallsの町へ。
DSC00981_convert_20100801163015.jpg  DSC00979_convert_20100801162915.jpg
車を止めて、町中を歩くと、
生演奏の音楽が聞こえ、人のざわめきがする方に行ってみた。
DSC00978_convert_20100801162734.jpg  DSC00977_convert_20100801162641.jpg
近づくと、道路の真ん中で人の輪が揺れていた。。
生演奏に合わせて踊る人、おしゃべりを楽しむ人。
ビールで盛り上がってる人等。
偶然に出合った夏のイベント。
派手なパフォーマンスは無いけれど、町の祭りは賑やかです。
しばらく佇み、音楽を体に沁みこませて郊外の宿へ。
途中、中華店が在ったのでチョウ麺(硬焼きそば)とエッグロール(春巻き)
を持ち帰り、宿の小さなテーブルで食べることに。
テレビの天気予報で明日の予報を確認して、寝たのは10時頃でしょうか。














プロフィール

神高農園&バーンヤード

Author:神高農園&バーンヤード



香川県高松市鬼無町山口96-1


OPEN: 10:00AM~5:ooPM
CLOSED:火曜日・水曜日
電話: 090-5271-6395
FAX: 087-882-5663
E-MAIL:kandaka.r@gmail.com

アメリカで買い付けたアンティーク・ヴィンテージ家具雑貨類。ガーデニング雑貨・庭木苗木を販売中。
ガーデンの散策と共にバーンヤードでお買い物をお楽しみください。神高農園&バーンヤードは香川県高松市にあります。


カレンダー
07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
最新記事
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
最新トラックバック
QRコード
QR
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる